【欠点】メイク崩れしやすいオールインワンゲルの原因と解決策

ファンデーションがムラになったり、浮いてきたり、ヨレてきたりする悩ましいメイク崩れ。

ネット上の口コミでも以下のようなものが多く見受けられました。

  • オールインワンゲルを使うと化粧崩れがひどい
  • ファンデのヨレが気になる

本当は時短で手軽なオールインワンゲルを使いたいけどメイク崩れを気にして中々使うことが出来ない…。なんて方も多いかもしれませんね。

お手軽時短でスキンケアのオールインワンの欠点かもしれませんが、ならば工夫をすれば良いのではないでしょうか!?

ここではオールインワンゲルでメイク崩れの原因から崩れないオールインワンゲルを使ったメイクの方法までご紹介していきます。

メイクが崩れる原因は朝のスキンケア!?

メイクが崩れてしまう原因はさまざまありますが、なかでも多いのが

  • 皮脂による崩れ
  • 乾燥により崩れ

の2つが挙げられるでしょう。
皮脂による崩れは化粧品に含まれている油分が皮脂と混ざり合うことで、化粧崩れが起こります。

また、大人だからこのの肌にありがちなのが、乾燥による崩れです。
乾燥した肌では化粧品が肌に密着しにくく、落ちやすい状態に。
加えて、肌が油分を補おうとするために皮脂の分泌が過剰になり、化粧崩れを引き起こすことにもなります。

こうしたことからメイク崩れがしやすいのは、化粧下地やファンデーションに原因があるのではなく、朝のスキンケアに問題があることが多いということ。

朝洗顔で過度に皮脂を落としてしまうと、肌の表面を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまうことにより、メイクが崩れやすくなります。また、朝のスキンケアの後にすぐメイクをすることも、メイクがヨレやすくなる原因です。

夏にメイクが崩れる原因

夏に悩まされるのが皮脂崩れ。
皮脂に加えて汗をかくことでファンデーションが落ちてしまったり、テカってきたりと、オイリー肌になってしまいます。

夏のメイク崩れのプチ解決策

皮脂が原因で崩れてしまったら、まずは脂っぽくなったファンデーションをティッシュでポンポンと抑えてオフ。
鼻の頭などファンデーションのヨレが特に気になる部分はもう1度軽くファンデーションをたたき込んで全体的にフェイスパウダーで仕上げれば、サラサラ肌が戻ってきます。

冬場のメイクが崩れる原因

反対に乾燥による崩れは冬に悩まされるもの。目元や口元など皮脂分泌が少ないところが乾燥してきて、ヨレやしわが目立ってきてしまいます。

冬場のメイク崩れのプチ解決策

まずは1度ミストで保湿してみてください。スプレータイプのミストであればメイクの上からでも吹きかけられるので、簡単に肌へ潤いを与えることができます。

なぜ?オールインワンゲルではメイク崩れが起きやすいのか

朝のスキンケアをオールインワンゲルに変えた途端にメイク崩れが起きやすくなった!と言う声を聞いたことがあります。

原因として考えられるのはゲルのつけすぎです。浸透し切らない分がファンデと混じって、肌に乗りきれていないのです。ムラが気になってファンデもつい暑く塗りがちで、悪循環でよれやすい状態になっている。

またゲルをつけすぎるとモロモロも出やすくなります。

とはいえ、不足すると肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌されるとメイク崩れを招きます。朝のオールインワンのスキンケアは少し工夫が必要であることがおわかりいただけると思います。

メイク崩れを起こすオールインワンゲルの注意点

朝のオールインワンゲルを塗ってすぐにメイクを乗せるのはNGです。
オールインワンゲルは肌への安全面から界面活性剤を使用していないものが多いのですが、ゲルの形状を保つための乳化安定剤として水溶性ポリマーのカルボマーという成分を使用している場合があります。

水溶性ポリマーは下地やリキッドファンデなどにも配合されているのですが、これが混じり合うことでモロモロが出てしまい、メイクがうまく肌にのり切らず化粧崩れの原因となるのです。

また、せっかくのオールインワンゲルの保湿成分が浸透しきらないうちに、メイクと混じり合ってしまうため、肌が保湿不足となり、それを防ぐために皮脂分泌が活発に。それが化粧崩れにつながります。

 

朝のスキンケでメイク崩れを防ぐ基本を理解

メイクを崩れにくくするためには、土台となる肌のコンディションを整えておくことが重要です。
メイク前に乳液やクリームを塗ると、べたついて崩れやすく感じるかもしれません。しかし、皮脂の過剰分泌を防ぐためにも、しっかりと保湿をすることが基本必要です。

  1. 化粧水を少しずつ手にとり体温程度に温めてから、数回に分けてやさしく肌になじませる
  2. 保湿成分が配合された美容液を手にとり、顔全体に塗布する
  3. 乳液またはクリームを手にとり、頬を中心に塗り広げ、Tゾーンは控えめに塗る
  4. Tゾーンを軽くティッシュでおさえ、べたつきを防ぐ

鼻や額などの崩れやすい部分は、油分の多い乳液やクリームの量を調整し、ティッシュオフすることで保湿しながらべたつきを防ぐことができます。

このように水分を肌に補い、クリームで閉じ込め、乾燥を防ぐことで、余分な皮脂分泌を抑えます。

また、脂性肌でベタつきが気になる人も、化粧水だけでは肌の表面の水分の蒸発を招いてしまうため、クリームなどで蓋をして、潤いを閉じ込めることが大切ということを理解し肌の土台を仕上げましょう。

オールインワンゲルでもメイク崩れしない油分コントロールの方法

朝の時短ケアとしてオールインワンゲルを活用されている方も多いことでしょう。
オールインワンゲルには、化粧水や乳液などすべての基礎化粧品が入っているので非常に便利なのですが、メイク崩れが気になり脂性肌の人が「朝はクリームはやめておこう」といったような、1つ1つのアイテムを調整することはできません。

全体の量で調整することになりますが、保湿効果を考えるとそれも逆効果になりかねません。

ポイントは余計な油分を事前にメイクの前に取り除いておくことです。

メイク崩れを防ぐための脂分コントロールに必要なのは、メイクする段階で余分な脂分をとっておくこと。ベースクリームや日焼け止めを塗った後いきなり固形ファンデーションを使うのでは、メイクが崩れて当たり前かもしれません。

オールインワンゲルを塗った肌の上にはたくさんの栄養と共に油分があります。

これは化粧品に含まれる保湿成分などの油分であって皮脂ではありません。しかしこの油分が脂分と混ざると、いわゆるギラギラ脂になってしまうのです。

スキンケアが終わってベースやリキッドファンデ―ションをつけたら、まず一度ティッシュで余分や油分または脂分をとる事がポイント!

脂取り紙でとる方もおられるようですが、紙質によってせっかくつけたベースやファンデーションが取れてしまう事もありますから、ティッシュで軽くおさえましょう。そのあと、自分でいつもしているメイクをしていくと化粧崩れしない時間が伸びます。

仕上げに…

メイクの仕上げのタイミングでは固定ファンデーションを付けた後にさらにつけると粉っぽくなってしまいます。
なので固形ファンデーションを付ける時、パフを少し水で濡らしておいたものでファンデーションをつけておきます。

それからフェイスパイダーをポンポンとたたくように付けていきます。たくさんの量を付けないのもうまくフェイスパウダーをつけるコツです。