ほうれい線ケア

しみ、しわに加えて年齢を重ねるとともに気になるのが「たるみ」でしょう。

ふと気付いたときに、たれ下がってしまった肌を見ながらやるせなく加齢を恨んだりした方も多いでしょう。たるんでしまう前にサプリメントやエクササイズなどで少しでも若い肌を保つよう心がけましょう。ここではそのたるみの原因と対策方法をご紹介します。

ほうれい線や目の下などの肌がたるむ原因

たるみはシワと同様、真皮のコラーゲンやエラスチンの変化によって起こります。

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層からできており、その下に脂肪組織と筋肉があります。若い人の肌は、みずみずしく弾力がありますが、これは皮膚の内部で細胞分裂が盛んに行われ、新陳代謝を繰り返すことで、柔軟性・弾力性のある肌が保たれているからです。

しかし、それも20歳を過ぎた頃から、その働きが衰え始め、だんだん柔軟性が失われていきます。

特に、真皮を支える役割を果たす線維成分であるコラーゲンとエラスチンが緩んでしまうのがたるみの主な原因。
たんぱく質からできていて、真皮の75%をしめ、真皮を支える役割を果たすコラーゲン繊維を鉄骨と例えるならば、そのコラーゲン繊維のジョイント部分がエラスチンです。

どちらも年齢と共に減少し、切れたり、細くなったりするので、真皮を支えられなくなるのです。
簡単にまとめると、コラーゲンが弾力を失ったり、コラーゲンどうしのネットワークが崩れた状態がたるみというのです。

気になるたるみNo.1である”ほうれい線”

ほうれい線は、よくしわの一種と間違えられるようですが、実はたるみが原因です。頬の厚い脂肪を支える皮膚や皮下脂肪がたるんで顔全体が下がってきている状態です。このほうれい線も3つの主な原因が挙げられます。

皮膚の弾力・ハリの低下

真皮はコラーゲンやエラスチンといった線維が網目状のネットワークをつくり肌の弾力をキープしています。紫外線や加齢の影響により、これらが減少・変性すると肌の弾力やハリが失われるのです。

表情筋の衰え

ライフスタイル自体も核家族が主となり会話が少なくなってしまったり、普段から柔らかいものを好み、硬いものを食べなくなってしまったことにより筋力が衰えやすくなっているのです。

皮下脂肪の増加・蓄積

丸顔で頬が柔らかい人はもともと筋肉が少ないために、頬が下に落ちやすくなっています。また、ダイエットなどを繰り返すことによって皮膚がたるみ、ほうれい線の原因となることがあるのです。

 

メディプラスゲルで憎き肌のたるみを改善出来る!ですが…。

ほうれい線を始めとしたこれらの肌のたるみはいずれも原因は同じで、コラーゲンの弾力が弱まって脂肪などを支えきれず、たるんでしまうということ。さらにしわも、コラーゲンの変性という意味では同じ原因です。

これらを修復させる成分的な目安としてはコラーゲンを増やす作用のあるビタミンC誘導体やレチノールなどがあります。たるんでしまってから、それを解消していくのは難しいので、たるみが進行しないように早めのケアを始め、予防していくことが一番重要です。

メディプラスゲルにはコラーゲンを増やす成分が豊富に含まれている

メディプラスゲルはお手軽なオールインワンといえど、多くの女性に選ばれる理由として挙げられるのが美容成分の豊富さにあります。
その中でも特に肌のたるみケアに欠かせないコラーゲンに焦点をしぼった成分をピックアップしてみました。

  • ビタミンC誘導体
  • ナノ型ヒアルロン酸
  • スーパーコラーゲン
  • プラセンタエキス

どれも真皮の中にまで成分が浸透するようにされたものばかりといえます。オールインワンでしかも、このコスパでこれだけの成分を取り入れることが出来ているのは本当に凄い思います。

メディプラスゲルの特性活かした”たるみ改善の20倍浸透スペシャルケア”

肌たるみをより効果的に行うためにプラスしたいのがイオン導入の浸透効果です。

イオン導入を簡単に説明すると「化粧水に配合された成分をより深く送り届ける方法」です。 もとは、医療の分野において薬剤を肌に浸透させるために使われてきた方法で、ビタミンCなどの肌の奥に浸透させにくい成分を、電流の力で浸透させるしくみです。

これにより陰イオン化されたビタミンCが、ただ塗布するよりもしっかりと肌に浸透して、「シミを消す・コラーゲンが増える・ニキビが治る・皮脂分泌過剰が治る・毛穴がキレイになる」など、さまざまな効果が期待できるというわけです。

美顔器でイオン導入を行うと、ビタミンCなどの美容成分の浸透効果は通常の20倍以上良くなります。

また、家庭用美顔器には肌すべりの効果を高めるために付属のゲルが必須となりますが、コスパの面で考えてもそれらをメディプラスゲルで置き換えて私自身は使用しています。

まあ、家庭用美顔器にはイオン導入の他にもRF波やEMS機能がついているものもあり身近にほうれい線などの肌たるみを解消してくれるものの中では今最も優れた美容方法の一つといえます。

 

まとめ

肌たるみの元凶になるこのコラーゲン&エラスチンという二つの繊維を破壊する主な原因としては紫外線も挙げられます。
紫外線を浴びることにより、皮膚にシワができやすくなり、たるみが起こります。いったんたるんだお肌はなかなか元には戻りません。

その他にも様々な生活習慣の要因が起因しています。

  • バランスの良い食環境
  • 良質な睡眠
  • 徹底した保湿
  • 顔の表情筋、深層筋を鍛える
  • 正しい姿勢を保つ
  • フェイスマッサージや頭皮のマッサージ…etc

たるみに限らず、加齢に伴い失われた美肌を保つ上で重要な生活習慣や怠りがちな紫外線対策をしっかり行うことで、たるみを予防・改善することができます。