ニキビケアにも最適である理由

大人になっても悩ましく厄介なのが大人ニキビでしょう。放置すればニキビ跡にまで発展してしまう本当に憎き存在です。

ニキビは皮脂量が増えてできるものとは限りません。睡眠不足やストレス、食生活なども重ねて原因となります。また、加齢とともに治りにくいものです。
なので、ニキビは事前の予防が大切になります。

ここではオールインワンでお手軽で重宝できるメディプラスゲルですが、ニキビ予防や改善にも効果が見込めます。その理由をニキビの原因からしっかりとご紹介していきます。

ニキビの出来る原因は毛穴の角栓詰まり

“ニキビは皮脂が多いから発生する”と考えられているようですが、皮脂はニキビを悪化させる原因であって、根本原因ではありません。その証拠に乾燥肌の人でも大人ニキビは出来るのです。
根本原因は、角栓によって毛穴が詰まってしまうことです出口を塞がれた毛穴に皮脂が溜まることで悪化していくわけです防がれた毛穴の中では皮脂が詰まり、アクネ菌が過剰に繁殖してニキビになるのです。乾燥している部分にでもニキビができるのはこのためです。

ニキビが出来るまでの順序

  • 生活習慣の乱れ(睡眠不足、食生活、運動不足等)、ストレス、乾燥肌、ホルモンバランスの変化、紫外線
  • 毛穴詰まり、皮脂量の増加、アクネ菌の増加

このように順序立てて、仕組みを理解すると改善方法もおのずと見えてくると思います。

 

大人ニキビ=毛穴つまりの改善策

10代のニキビと同じように、20代以降の大人ニキビに対してやみくもに洗顔したり、薬品で乾燥させてはいけません。

理由はただ1つ。
それは、肌を傷つけ、かえって酷く悪化させてしまう可能性があるためです。それらを繰り返すとニキビ跡になるから本当に要注意です。

ニキビが出来る理由をまとめると“脂腺性毛包と呼ばれる毛穴が角栓によって詰まり、内部に皮脂が溜まってしまう”ということになります。

なので、ニキビができる肌の根本的な解消は、表皮細胞がよく育ち、よく育った細胞が角化して角質として完成する新陳代謝(ターンオーバー=細胞の入れ替わり)が、正常化して繰り返されるようになることです。表皮細胞に育つ時間を与えてあげることです。

・適切なスキンケアにより、ターンオーバーを正常化させ肌表面に古い角質を溜めないこと
・過剰な皮脂分泌を抑えること

これらを踏まえてニキビを根治する対策としては、

・乱れた生活習慣の改善
睡眠時間確保し、肌の免疫力を高めることや、肌の再生に関わる成長ホルモンの分泌を促す。ニキビを寄せ付けない栄養素豊富な食事や運動も大切

・余計な油分を控えたスキンケア
過剰な油分はアクネ菌の栄養源になります。なるべく水分を与えて、肌を柔らかく保つことがニキビ予防にも必要。余分な皮脂は洗顔でスッキリと落とし、油分の少ない保湿洗顔液をつけるようにしましょう。

・ニキビのできにくい環境つくり
皮脂を抑えて予防に役立つ効果としてビタミンC誘導体成分の化粧水がおすすめです。ニキビを助長する恐れのある乾燥も防げます。

これ以外にもニキビ予防のために男性ホルモン優位の状態を作らないことと、女性ホルモン、エストロゲンを適度に増加させることがニキビ治療、予防の基本的な防御策になるでしょう。

大人ニキビの原因は複雑で場所は主にUゾーンに表れます。

生活習慣・乾燥

  • ターンオーバー乱れ
  • 角質肥大
  • 首筋・アゴニキビ

大人ニキビは、肌のターンオーバーの乱れを発端とした角質肥大が主要因です。

これらの主な要因は乾燥によるものです。
つまり、乾燥すると角質が厚くなり、堅くなっていきます。すると毛穴がつまりやすくなります。また乾燥により皮脂の分泌が多くなり、やはり毛穴がつまり、ニキビとなってしまうのです。

なので、保湿とともに角質層が毛穴を防ぐのを食い止めることが重要です。

 

メディプラスゲルがニキビの予防・改善に効果的な3つの理由

ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルMg)

メディプラスゲルに配合されているビタミンCはリン酸アスコルビルMgというアスコルビン酸(ビタミンC)にリン酸とマグネシウムを結合させて水溶性と安定性を高めた安定型ビタミンCと呼ばれる最もひろく採用されているビタミンC誘導体のひとつといわれているものです。

特徴として、肌に浸透しやすいMg(マグネシウム)というミネラル部分を結合することで、角質層の基底層近くまで浸透しやすく、ビタミンCと比べて約8倍の量が皮膚に取り込まれます。
また、リン酸アスコルビルMgのようにリン酸やMgがあると壊れやすいビタミンCも安定するようになり、皮膚の角質層にとどまることができるようになり、その持続時間は12時間以上になります。

リン酸アスコルビルMgのはたらきは、メラニン色素の生成を抑制してシミやソバカスを防ぐことと強い抗酸化力による抗シワや抗老化作用、コラーゲンの産生を促進する作用があり、真皮に届くことでシワやニキビ痕の改善なども期待できます。
皮脂分泌のコントロールにも働きかけるので、ニキビを防ぐ作用も当然期待できるのです。

肌ストレスや精神的な負担の軽減

ストレスを受けると男性ホルモンの一種であるアンドロゲンが大量にでます。
このアンドロゲンが出ると皮脂の分泌が促されるため、皮脂量が増えてニキビの原因になってしまうのです。

メディプラスゲルはオールインワンのお手軽さと手間を省くことで精神的なストレスを取り除いてくれます。忙しくてスキンケアの手間が取れなければやはり肌にも負担が出て精神衛生上よくないですからね。

また、スキンケアの手間を省くもう一つのメリットが肌ストレス=刺激が軽減されるということです。洗顔・クレンジングで十分刺激を与えているので、オールインワンでサラッと保護するだけで肌ストレスは随分軽減されます。

乾燥を防ぐ十分な保湿力

メディプラスゲルが愛用される理由の一つに保湿力の高さが挙げられます。

  • 通常の2倍の保水力を持つスーパーヒアルロン酸と、微粒子で角質層内部に浸透しやすいナノ型ヒアルロン酸
  • 従来のコラーゲンの1/1000の大きさで強力な浸透力のスーパーコラーゲン
  • 3種類の高濃度セラミド

皮膚にはセンサー機能があり、皮脂が足りないと、それを感知して皮脂を分泌させようとします。この過剰な皮脂がニキビを誘発するのですが、乾燥するのに肌がベタつくのもこの機能が原因です。過剰な油分はアクネ菌の栄養源になるので、なるべく水分を与えて、肌を柔らかく保つことがニキビ予防にも必要です。

メディプラスゲルはそうした乾燥から守るに十分な保湿力を兼ね備えているといえるでしょう。

 

まとめ

このように乾燥はニキビを引き起こす大きな原因となるので、ニキビ予防にはまず「保湿」をすることが大切になってきます。
要は、乾燥するとバリア機能が落ちるのですから、徹底的に保湿ケアをすれば、バリア強化が見込めるのです。季節を問わず、常に保湿対策を行うことがニキビ対策と考えて間違いありません。

日中、オフィスにいるとエアコン等の影響で肌が乾燥していきます。
その際、よくスプレータイプの化粧水を顔に吹き付けている人がいます。しかし、それでは化粧水が乾くときに肌の水分まで一緒に蒸発してしまうので、いっそう乾燥を招くのです。

日中に乾燥する原因はふだんの保湿ケアが足りていない証拠です。
とくに朝のケアでは、ファンデーションが崩れるからという理由で乳液やクリームなどを省きがちな人が多いようですが、きちんと肌に馴染ませてからファンデーションを塗れば問題ありません。

メディプラスゲルはそうしたことも考慮してオールインワンで設計されているので、日中でも乾燥しません。どうしても乾きやすい目元や口元はアイクリームなどの保湿力の高いクリームで部分ケアするのがおススメです。

バリア機能が低下する理由は、乾燥によって角質層の水分が失われることです。

これらを考えると乾燥を防ぐことがニキビ予防における最大の対策です。季節を問わず、常に保湿対策を行うことがニキビ対策と考えて間違いありません。

メディプラスゲルで邪魔くさい保湿やビタミンC誘導体によるケアも一挙にして、余計なストレスをなくしていきましょう。